So-net無料ブログ作成
ヘアケア ブログトップ

夏のシャンプー 頭皮編 [ヘアケア]

毛穴.JPG夏は紫外線も強く汗もかき新陳代謝も活発で髪や頭皮に負担がかかります。

まず髪のためにも頭皮を清潔に保ちこれからの季節を乗り切りましょう。薄毛対策もほぼ同様です。

毎日良質のシャンプーで頭皮を傷つけずしっかりシャンプーし良く流しましょう。

頭皮の状態

油っぽくベトベトする人、べた付く人、もしくは細かいフケやネットリしたフケがある人。

  • シャンプーはトリートメント効果の高い物やシリコンが多量に入っている物フケ取りシャンプー(それが原因でフケが出る場合がある)は要注意です。
  • 夏場の皮脂と汗でベタベタな髪になってしまう場合があります、自分の頭皮や髪にあった物を使いましょう。
  • こんなタイプの人は有る程度洗浄力のあるシャンプーを毎日してオイル分を押さえたトリートメントがおすすめです。
  • シャンプー後は必ずドライヤーで頭皮を乾かしてください。雑菌の繁殖を抑えフケ痒みを押さえます。
  • ミント系の製品などは清涼感と頭皮の雑菌の繁殖を抑える効果があります。
  • アリミノのミントシャンプー、トリートメントは当店でも人気商品です。

乾いた大きめのフケと痒みがある人

  • 油分が足りない可能性があります。
  • 過度なブラッシングや頭皮を掻くのはやめましょう、頭皮に小さな傷がつき、雑菌が繁殖し痒みやフケが止まらないため。
  • シャンプーは良質な油分の少し多い物を使いガリガリ洗わない、ミント系のシャンプーもいいでしょう。指の腹で優しく丹念に洗い、物足りなければもう一度流してから洗う。すすぎも重要です、しっかりすすいでください。
  • トリートメントはシリコンなどの少ない物を。頭皮に付けないように使用、美容師さんに選んでもらい使いましょう。
  • やはりドライヤーでしっかり頭皮を乾かしましょう。
  • 改善されない場合まずは皮膚科に相談しましょう。

カサカサした細かいフケの出る人

  • シャンプー剤が合わない可能性があります。特にフケ取りシャンプーが合わない人に多いようです。フケ取りシャンプー全般に言えるのですが症状が改善したら通常のシャンプーに戻しましょう。
  • トリートメントは頭皮に直接付かないように使いましょう。 
  • ブラッシングや頭皮を掻くと傷を付け痒みフケの原因になります。指の腹で優しく洗いよくすすいでください。
  • シャンプー後、軽く上質なホホバオイルを頭皮に塗るのもお勧めです。(上質なホホバオイルはベト付きにくい)
  • ドライヤーで頭皮をしっかり乾かしましょう。

日焼け

  • この時期頭皮が日焼けして皮がむけてくる人もいます。髪にも頭皮にも良くないので日よけや紫外線対策を。
  • シャンプー後、軽く上質なホホバオイルを頭皮に塗るのもお勧めです。(上質なホホバオイルはベト付きにくい)
  • 分け目を変え焼きすぎないようにするのも一つです。
  • ビタミンcを採るのもお忘れ無く。

頭皮のトラブルのためのメゾット!
★ホホバオイルトリートメント★ 
(上質なホホバオイルは高価なためプレ処理にはスクワランやごま油、オリーブ油、椿油を使ってもいいでしょう)

  • シャンプー前オイル(出来るだけ上質なオイル)を頭皮にたっぷり付け蒸しタオルにシャワーキャップで5分放置
  • 頭皮をマッサージするようにガリガリ洗わず優しくシャンプーで二回洗う。
  • トリートメントやリンスを付けず頭皮をドライング。
  • 頭皮にホホバオイルを全体に軽く塗る。そしてドライヤーで仕上げブロー。(髪がべた付く場合ホホバオイルの質が悪いか付けすぎです)

 

脂性の対策にもお勧めです、但しシリコンオイルなどでべた付いている人の場合まずクレンジングで有る程度取ることがが必要です。

頭皮のトラブルにBang美容室ではオイルトリートメントだけでなく水蒸気の10万分の1のサイズの高圧ミストとプロのテクニックを使いスキャルプトリートメントを行います。

是非一度体験してみてください。

※アレルギー由来のトラブルは効きますが改善が難しいのでご相談下さい。 

 


posted by Bang at nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
ヘアケア ブログトップ
メッセージを送る